« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

今のしみっちょになるまで(入院中編)

今日は雨のおかげでレッスンが中止になり時間ができたので、この間書き込んだ「今のしみっちょになるまで」の続編を書きたいと思います。たぶんまた長文になってしまうと思うので、読むときはそれ相応の覚悟をしてお読みください(笑)

 左半身不随は次の日には治っていたのですが、原因不明ということで入院することになりました。まず驚いたのが、病室の狭さ!異常に人口密度が高いんです。よーく見てみると、

本来は6人部屋のところに8人いれられてるじゃないですか!??

そりゃあ狭く感じるよ。しかもさらに驚くべきことが!!隣のベッドのおじさんにあいさつをしようと思い、カーテンを開けたら信じられないくらいの異臭!いったいなんだかわからなかったのですが、おじさんは陽気に

「兄ちゃんごめんなー、おれ3ヶ月風呂に入ってないんだよー!がはは~♪」

ってお前それはありえないだろ!!!!!しかも腕の骨折なのに・・・。

すごい感じのいいおじさんで、何かあるごとにいろいろ物をくれたりするのですが、カーテンを開けたときの異臭がどうにも耐え切れなかったです。

しかもその病院には患者で若い人がまったくいない上に、ちょっと期待してた看護婦さんも推定平均年齢50歳前後・・・・・。パワーがありあまってるおれには病室はほんとに息苦しい場所だったので、真冬の2月にもかかわらず、ずっと屋上で一人MDを聞きながら熱唱してました(笑)

この最高に退屈な日々を支えてくれたのは、入院してた3週間毎日東スポと授業のノートをもって見舞いにきてくれた同じテニス部のA木くんでした。彼は家が近いからといって毎日見舞いに来てくれたのですが、最近わかったのですが彼の家から病院まではそんなに近くなかったです。A木くん、おれはあのときほんとに感動したよ。あのときのおれには君が世界で一番いいやつだった。これからもよろしくな!ほかにも何人か見舞いにきてくれました。やっぱりうれしいもんですね☆

一週間に一回しか担当の先生が来なかったため、無駄に3週間も入院させられました。その間、友達と消しゴムにシャーペンの芯を二本刺してコンセントに突っ込んで火花だして遊んだり、屋上でスリッパ飛ばししてたらフェンス越えてスリッパが地上の人に当たりそうになったりと、やりたい放題でした♪いつまでたっても退院させてくれる気配がないので、病院の人の制止を振り切ってなかば無理やり退院してきました(笑)これ以上あの病院にいたら頭がおかしくなりそうだったんで(>_<)

なんだか入院中の話で長くなってしまったので、今日はこのへんで終わりにしておこうと思います。次回は「退院後のミラクル!」です!

乞うご期待☆

いやー、思い返すといろいろでてくるもんだ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

レポート終わったー!

今日もまた雨降っちゃいましたね。湿度の感じからして、なんかもう梅雨入りな予感ですよね。やだやだ。

でも今日は雨のおかげで、明日までに終わらせなければいけなかったレポート三つがすべて終わりましたー♪我ながらかなり真面目にがんばってると自負しております!あとはこのレポートが合格するかどうかが重要なんですけどね。まあ大丈夫でしょう!ひとまずこれで科目習得試験が受けられる!

先週は飲みとレポートで大忙しでしたが、今週は昨日今日とちゃんと朝練にいってます☆前にも書いたかもしれませんが、うちのスクールの朝練は6時開始なんです。だから5時には起きないといけないんです(泣)朝練に参加するには前日からの確固たる決意と、目覚めた瞬間が勝負です!一瞬でもひるんだらそのまま夢の中に行ってしまいます。来週は関東オープンのダブルスの本戦があるため、今後は試合に向けてテニス頑張りたいと思います!それにしても毎朝5時ははえーよー。だれかなんとかしてくれ(>_<)

今後の試合の予定は、

5月下旬 関東オープン本戦ダブルス&JTT埼玉予選シングルス

6月12日~ レジーナの森オープン

(6月21日~ 神奈川オープン)

7月10日~ 京王オープンⅢ

7月17日~ 北海道選手権はまなすカップ

7月25日~ 東海中日選手権

8月14日~ 毎日テニス選手権予選

9月3日~  JTT愛媛オープンジャパンテニスツアー

という感じで全日本選手権出場にむけて計画してます。ひとまず怪我だけしないで、すべての試合でベストを尽くせればいいなと思ってます☆

ではでは、みなさん応援よろしくです!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今のしみっちょになるまで(きっかけ編)

長いので暇なときに読んでもらったほうがいいと思います(笑)

おれは基本的には「超」がつくほどのプラス思考人間ですが、たまに落ち込むときがあります。ただ今思い返すと、落ち込んでたときがあったのは覚えているのですが、いったいなにで落ち込んでたのかが思い出せないんです(笑)というよりも、マイナスのことを次々に忘れるような体質になってしまったような気がします。

おれは昔は今のようなプラス思考で前向きな人間ではなく、どちらかというとクラスの中でも目立たない存在で地味なキャラでした。それが思わぬ「事故」から、おれの人生の方向性が変わってきました。

ある「事故」とは、まだテニス部に入って間もない(中二まではサッカー部でした)中二の1月の終わりごろ、体育の持久走で起きました。そのころは走るのもかなり苦手なほうで、一生懸命走っても真ん中くらいの成績でした。事故当日も自分なりに一生懸命走っていました。が、二周目の途中で突然心臓が「ドクン」と激しい動悸が起き、なんだろうと思いながらも普通に走っていたのですが、気づいたらなぜかだんだんと左に寄っていくのです。桜の木や植え込みを突きぬけ、最終的には校庭の真ん中まで行ってしまいました。これはやばいと思って倒れこみ空を見上げて深呼吸をし、落ち着いて左手をついて立ち上がろうと思ったら、なんと左手がまったく動かない!顔面から地面に落ち、これはまじでやばいと思い、友達に助けを求め、先生が駆け寄ってきました。ひとまず保健室へ行き、友達が制服を持ってきてくれて、とりあえず今日は帰ろうということになり、まずワイシャツを着ようと思い、いつものように左腕から袖を通そうと左腕を突っ込んだのですが、なんとまた左が動かず肩からワイシャツに突っ込んでました。それをみた友達は「なに肩からつっこんでるんだよ、それじゃあ着れないだろ」と冗談っぽく言うのですが、自分の意識とは裏腹にまったく動いてないんです。これはシャレにならないとういうことで救急車で運ばれました。ここでまた一つアクシデントが!

病院に搬送されたおれは、テレビドラマのようにガラガラと集中治療室に運ばれました。その運ばれている最中に看護婦さん(かなりのおばさん)が

「君!ズボン脱がしても大丈夫!?」と聞いてきたので、おれは

「治るならなんでも大丈夫です」と答えました。

そしたらなんと、ズボンだけならまだしも、パンツごと脱がされました(笑)

これは年頃のおれにはかなり刺激が強かったです。

結局左足の付け根を切り、長いチューブを出し入れしてたら治りました。原因は今でも不明なのですが、心臓から勢いよく血液が脳に飛び、一時的に脳の血管がつまったそうです。いわゆる脳血栓ってやつですね。

いやー、ほんとびっくりしましたよ。まじできれいに左半身がまったく動かないんですもん。言葉もうまくしゃべれなかったので、このまま障害が残るんじゃないかってずっと心配してました。ひとまずすっかり治ってよかったです♪手術後、目覚めたときに目の前に、両親、祖父母、先生、医者が全員心配そうにおれを見てたのがすごい印象的でした。一瞬おれ死んだのか!?って思いました(笑)

では、次は「入院中の出来事、そして退院後のミラクル」をいつか気が向いたら書き込みたいと思います!完全に自己満なんで適当に読み流してやってください☆

やべ!早く勉強しなきゃ(>_<)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »